カットやシェービングは東京の理容室【ヘアモードキクチ銀座店】へのシャンプーの洗い方にもこだわりを


シャンプーの洗い方にもこだわりを

■2015/07/11 シャンプーの洗い方にもこだわりを
シャンプーの洗い方にもこだわりを
暑い日が続きますね。私は大分体力を消耗してしまって
毎日がとても大変です。この時期はいつもこうなので
なんとか打破できるよう毎年頑張っています。

今回はシャンプーの洗い方についてです。

髪を洗うとき、お湯で濡らして、すぐにシャンプーをつけていませんか?
誰もがやっているこのやり方、実はNGなんです。
毎日“なんとなく”髪を洗い続けていると、頭皮や髪に大きな弊害をもたらすことに……。

そういうわけで、今回は正しいシャンプーの洗い方をお教えします!

まずはお湯で3分洗います!
頭皮は皮脂分泌が多く、きちんと洗い流せていないと細菌や微生物が繁殖し、ニオイやかゆみ、フケの原因になります。
また、毛穴に皮脂がつまり、抜け毛や頭皮ニキビをも引き起こしてしまいます。
熱すぎると必要な皮脂やうるおいまで洗い流してしまい、頭皮や髪の乾燥を招きます。また、温度が低すぎても汚れを十分に落とせません。
水温は38~40度が最適です。
髪の汚れは、なんとこのプレシャワーリングだけで70%位落ちてしまうんです。
お湯で予洗いをしていると、頭皮の皮脂や汚れが流れ落ちて、サッパリとしてくる感じが分かると思います。

シャンプーを手に取って、そのまま頭に付けるのは絶対にダメです。NGです。
まずは手のひらの上で泡立てます。泡立てネットを使って、モコモコになるまで泡立てるのもおすすめです。
泡立てたシャンプーを頭にのせ、指の腹で洗います。
指の腹を使って地肌を洗いながら、髪についている整髪料をしっかり落とすことが大切です。
頭皮が傷つかないように爪を立てずに指の腹を小刻みに動かして頭皮をやさしくマッサージするように洗います

すすぎは「よし、流せた!」からあと3分!
すすぎを最低でも3分以上行いましょう。髪や頭皮の汚れやシャンプーの成分を完全に洗い流すには、それだけの時間が必要です。
丁寧なすすぎのコツは、あらゆる方向からお湯で流しながら指を動かすということ。
髪についた泡をあらかた落としたら頭皮を洗います。
手で頭皮の地肌をさするようにしながらシャワーをあてていきます。
特にすすぎで汚れなどが残りやすい頭の箇所としては、額の生え際や耳上の生え際、襟足の3つがあります。そうした箇所に気を付けて洗い残しを防ぎましょう。
シャンプーの水圧が強すぎても(少し痛いくらい)、頭皮にダメージを与える可能性がありますので注意が必要です。

以上です。
あとはドライヤーで髪をきちんと乾かせればバッチリです。

皆さんも、是非実施してみてください!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
hair mode kikuchi 銀座店
http://www.hairmodekikuchi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中央区銀座4-6-10 ゑり円ビルB1F
TEL:03-5524-1583
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/j7dB
Twitter:http://p.tl/KSV6
mixi:http://p.tl/KVca
アメブロ:http://p.tl/tXgi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本橋店
03-3516-8988
------------------------------------------------
神田店
03-5207-5545
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

PAGE TOP